遺品整理の依頼先を考えていくサイト

遺品の定義や概要など

遺品に関する概要

「遺品」とは、文字通り、亡くなった人が所有していた物品のことです。
例えばハンカチ1枚でもそれを亡くなった人が持っていた場合は「遺品」となります。
お金や不動産を含めた全般を「遺産」と言いますが、「遺品」はその中でも物品全般を指す言葉とされています。
主に金品や通帳などの「貴重品」、アルバムや趣味の物品、コレクションなどの「思い出の品」、衣類や布団、家電や生活用品、そして食料品なども「遺品」となりますが、これらは財産としての処理を行うことができない物品でもあります。
これらは基本的には家族などの遺族にその処分が委ねられ、それを「遺品整理」と呼んでいるのですが、少子高齢化が進んだ現代においては、この遺品整理が負担となってしまうケースが目立ち始めています。

遺品に関するその他説明

遺品の整理は、ただの引っ越し作業とは意味合いが違います。
人の亡くなった理由や状況というのは、それぞれ異なっており、ケースによっては、遺族は「亡くなった人の遺品を見ることさえ辛い」という心理状態であることも十分考えられます。
また、その物品を所有していた本人が亡くなってしまうと、遺された遺品が「本当に必要なものなのか」という判断が付きづらいという問題もあります。
例えばそれが「他人からの借り物」だったとしたら、処分せずに貸し主に返さなくてはなりませんが、亡くなった本人が連絡先などを残していなければ、探すことは非常に困難になります。
このような悩みに一つ一つ直面する上に、遺族と亡くなった本人が離れて暮らしている場合は、都度都度遺品整理に向かうことも、まして遺族が高齢の場合、とても大変です。


TOPへ戻る