遺品整理の依頼先を考えていくサイト

特殊清掃業を知る

特殊清掃業とは何か

特殊清掃業とは、字面だけでは何をする職業なのか、想像しづらいと思います。
簡単に表現すると「人が亡くなった後の部屋を掃除する職業」のことです。
病院で亡くなったり、家族に看取られながら亡くなった場合は、通夜や葬儀などの後に火葬や土葬などでお見送りするわけですが、独居での突然死や孤独死、あるいは自死などで、遺体が残ったままで何日も経過した、という場合もあり得ます。
そのような場合、遺体は腐乱・腐敗し、周囲の寝具や床、部屋全体が非常に汚染されてしまっている上に、呼吸もできない程に腐臭も強く、衛生的にも近づけないほどに危ない状況になってしまっています。
特殊清掃業は、そうした部屋の清掃を行い、以前の通常の状態に戻すことを役割としています。

仕事内容と存在意義

具体的な仕事内容ですが、まずは遺体のあった屋内外の汚染を除去、消臭を行います。
これらは特殊な薬品や技術によって実施されます。
遺品整理業者と違うのは、これは衛生面でも高度な知識や資格を求められるものだということです。
遺体が腐乱していると害虫も湧いている場合が多いので、それらの駆除なども行います。
発見の遅れなどで遺体の損壊が激しい場合は、エンバーミングという、遺体の外見を回復させるための処理を行ったりもします。
そして遺体の搬送や荼毘、火葬やお祓いも行うことがあります。
この仕事は臭気判定士や葬祭資格者など、高度なスキルや資格の所持が求められます。
また、高齢者の一人暮らしが増えた現代では、孤独死発生の例が増えており、社会的にも意義のある、過酷ですが非常に意味のある仕事でもあるのです。


TOPへ戻る