遺品の整理は不用品回収業者に依頼できる?

遺品整理の依頼先を考えていくサイト

PICK UP!

遺品処理は不用品回収業者に依頼可能か

最初のこのページでは、そもそも「不用品回収業者」とはどのような資格や技術を有した人が行うことができる仕事で、日々、どのような仕事内容で動き、そして利益を得ているのか、という、遺品整理を頼む前に押さえておきたい情報を紹介していきたいと思います。

PICK UP!

遺品の定義や概要など

この2ページ目においては、そうそう遭遇するものではない(けれども、誰もがいつかは迎え、発生させることになる)「遺品」について、その概要と、法律的にはどのような定義がなされ、どういった扱いをする必要があるのかについての情報を紹介していきたいと思います。

不用品回収業者とは

このサイトでは、「遺品」が発生した時に、その整理を「不用品回収業者」に頼むことはできるのか、頼めるとしたらどのような手順で依頼すればよいのか、それについて解説していくことを目的としています。
また、「遺品」自体が法律的にはどのような扱いがなされていて、そして、遺品を整理する人たちとしては、それら遺品をどのように整理することが、トラブルなども少なく、丁寧且つ混乱なく可能なのかについても、併せて解説していきたいと思います。
男性が70歳代、女性は80歳代まで生きる事が当たり前とも言われるようになった長寿社会の現代ですが、それは裏を返せば超高齢化社会にもなっているということであり、人口減少もあって、高齢者の単独世帯が増加、誰にも看取られずに「いつの間にか亡くなっている」といういわゆる「孤独死」の状況が増えているという問題も発生しています。
単独世帯の増加は男女や年齢層問わず増えており、それが人口減少などへの遠因ともなるのですが、今回の主題はそこでは無く、孤独死にしても、看取られて亡くなるにしても、発生する「遺品」の整理をどのように行っていけばいいのかという部分です。
「遺品」の整理は、単なる後片付けとは違い、棄てて良い物、棄てて欲しくないもの、法律的にも廃棄してはいけないものなど、いろいろと細やかな気遣いを要するものが多いです。
そんな遺品の数々を、街でも普段から見かける「不用品回収業者」に任せてもよいのか、という疑問について、少しでも情報を提供していくのがこのサイトの目的なのです。

実際に回収を頼むことは可能か

最後の3ページ目においては、「不用品回収業者」には、実際のところ、「遺品の整理」を依頼することは可能なのかについてと、そして、不用品回収業者以外に、遺品の整理を依頼するところはあるのかなど、遭遇した際にも慌てず対処できるような情報を解説していきます。

TOPへ戻る